液体窒素で凍らせることができるものと、できないもの

窒素の沸点は-196℃です。

液体窒素で凍らすことができるものとは、-196℃で固体になるものです。

私たちの身の回りにある物質はたいていはこれにあたります。
それに対して、液体窒素で凍らすことができないものとは、融点が-196℃以下のものということになります。具体的に言えば、

酸素(融点-219℃)

水素(融点-259℃)

ヘリウム(融点-272℃)などです

 

動画の補足質問、、、

★液体窒素を食べた人は口から鼻から煙を吐いているように見えましたが、大丈夫なのでしょうか?

鼻から煙を吐いているように見えましたが
その煙は液体窒素が気化した時、気化熱として空気を冷やし空気中の水分を液化させたものです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ