冷凍食品の凍結方法 2種類

冷凍食品の凍結方法には

 

急速冷凍

緩慢冷凍

とがあり、急速冷凍は液体窒素やドライアイスのような超低温で凍結させる方法です。

後者の緩慢冷凍は一般家庭などの冷凍庫で-15℃前後の温度でゆっくり冷凍させる方法です。

 

急速冷凍は食品の細胞を破壊させることなく一気に冷凍させることができますが、

緩慢冷凍は水分が先に氷り食品の細胞を破壊しながら冷凍するので味の違いは一目瞭然です。

 

冷凍チャーハンはお店で売っているのはパラパラとしていますが家庭で冷凍させてもパラパラにはなりませんよね?

その違いです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ